水漏れに気付いたら早期修理を

水漏れに気付いたら早期修理を 私たちの家庭の中には様々なところで水が使われています。お風呂、トイレ、キッチンなどは水がないととても不便です。しかし、長らく使っていると思わぬところでトラブルが発生することがあります。最近排水口から嫌な臭いが出るようになってきた、水の流れが悪くなった気がするといったことに心当たりがあれば、排水管が詰まっていたり劣化のサインかもしれません。水のトラブルを回避するためにも、大きな水漏れを起こしてしまう前に、一度排水周りを確認することをおすすめします。

■排水管の寿命はどれくらいか

一般的に排水管の寿命は10年から15年程度と言われています。もちろん、使い方によって年数は前後しますが、10年以上使用している場合は不具合が出ていないか定期的にチェックをしてみるとよいでしょう。
マンションなどの集合住宅の場合、配管が階下の部屋の天井などを通している場合もあり、給排水管の設備更新やメンテナンスはマンション全体で行われます。大きな排水管の水漏れトラブルにつながらないよう、日頃から何か異変があればすぐに気付けるようにしておくことも大切です。
排水管の劣化による異変の代表的なものに異臭や悪臭があります。キッチンなどで流した生活排水のゴミや油などが管内に蓄積し、ヘドロのようになって悪臭を放つことがあります。管が詰まりやすくなるため、水が逆流して水漏れを起こす可能性があります。

■排水管で水漏れが起こったら
水漏れで床上浸水をすると、床や壁などの家自体が大きなダメージを受けます。また、集合住宅の場合は階下の部屋に水が漏れてしまうこともあります。それだけでなく、家財道具にも水がかかるため、家電製品や家具が傷んでしまう場合があります。
もしも水漏れが起きてしまったら、まずはこれ以上水が漏れてこないよう止水栓で水を止めて、家財道具を守りましょう。動かしにくい大きな家具などは応急処置的にビニールなどで覆って水気を避けるという応急処置もあります。その上でどこで水が漏れているのか、また自分で直せるかどうかをチェックします。
排水管での水漏れは圧力がかかる給水管からに比べて緩やかなので、水をしっかり止めてしまえば被害を大きくせずに食い止めることも可能です。原因が自分で直せそうにない場合には、すぐに業者の人を呼んで修理することをおすすめします。

■排水管からの水漏れを予防するには

排水管が原因による水漏れの場合、管が詰まっているケースの他に、管の結合部が緩んでしまい、そこから水が溢れ出ている可能性があります。まずはどこで水が漏れているのかを、目視できる場所なら確認しましょう。原因が詰まりの場合は掃除をすることで解消されることがあります。できれば普段から定期的に汚れを落としたり詰まりを解消できる洗浄剤などを使ってキレイにしておくと、トラブル防止につながります。
また、結合部は水道を使用している間に少しずつ緩んでくることがあります。手や道具を使って締め直すこともできますが、この時に締めすぎてしまうと余計な圧力がかかり、管が破裂したりヒビが入ってしまう原因になるため注意が必要です。パッキンや内部の部品が劣化して起こる水漏れは、部品が揃えば自分で修理することもできますが、一度分解する必要があります。そのため、パーツ探しや組み立てが苦手だという人は専門業者に修理を依頼する方が安心です。

■まとめ
排水管は使用していくほどに劣化していきます。10年以上利用している場合には、いつ不具合がおきてもおかしくないため、少しでも異変を感じたら調べてみましょう。中には自分で対処できるものもありますが、難しかったり原因が分からない場合は、専門の知識を持つ業者に修理してもらうことをおすすめします。大きなトラブルに発展する前に、日頃から掃除やメンテナンスを行っておくことも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース